パソコンのOSによる違いについて

Windowsの特徴について

パソコンのOSとして、日本で9割を占めるのがWindowsです。Windowsの特徴としてまず挙げられるのはGUIを採用していることです。これは使用するソフトウェアの使いやすさ、デザインの見やすさを重視しているということです。また、最新のWindowsであっても古い機種との互換性を持っており非常に便利です。最近ではWindows10が登場しましたが、ユーザーの2割ほどはまだWindowsXPというかなり前のOSを使っている人もいるようで、長い間快適に使用できる状態を保っているのだと思われます。しかしWindowsXPはサポートが終了しているので、セキュリティ面での不安は少しあります。そして、何と言っても利用者が多いので情報やソフトウェアの種類も多く、パソコン間でのファイルのやり取りも楽です。

Macの特徴について

Macは、オフィスでの事務作業というよりは、デザイン系の仕事でよく使われているイメージがあります。Macでは、Windowsとは違って沢山の美しいフォントが揃っており、これはMacの生みの親であるジョブズ氏が大学でカリグラフィーを学んでいたためと言われています。また、Macはアップル社の製品なので、iPhoneやiPadのデータをWindowsより簡単に管理することができます。iCloudとの共有も可能でスマホのデータを安全にパソコンに保存できるのです。そして、実はMacにはWindowsをインストールできる機能があり、用途によって使い分けることができます。しかし料金はかかります。Windowsとは違って互換性はあまりなく、ソフトウェアの値段もWindowsに比べると若干割高になっています。操作性はシンプルで、使いやすいと思われます。

© Copyright Use A Computer Properly. All Rights Reserved.